子どもへの体罰・暴力禁止法を求める署名に賛同を!

「虐待死をなくしたい!子どもへの体罰・暴力の法的禁止を求めます!」
http://chng.it/QQVtHNbN

要配慮者支援活動を学びたい

大阪にある国際障害者交流センタービッグアイの講座は以下の通り。荒川区でも必要だと思う。

講座③ 災害時要配慮者支援ボランティアリーダー養成講座

机上から体験による理解へ ~福祉避難所開設シミュレーション~
平成28年4月の熊本地震では、176カ所の福祉避難所があったにもかかわらず、大半の施設がうまく機能せず、多くの要配慮者が避難所に入れなかったということが起こりました。この講座では、要配慮者支援活動について基礎から学ぶとともに、ビッグ・アイの施設を使った体験型の福祉避難所開設シミュレーションを行うことで、机上の訓練だけではつかめない避難所の開設や運営における活きた知識を学びます。

≪講師≫
八幡隆司 氏(特定非営利活動法人ゆめ風基金 理事・事務局長)
 「2018年に起きた災害の検証と今後の備え」
水谷真 氏(社会福祉法人AJU自立の家 わだちコンピュータハウス 所長)
 「インクルーシブ防災と地域の助け合いーすべての人に配慮した防災対策」

特定非営利活動法人 ゆめ風基金  
社会福祉法人AJU自立の家 わだちコンピューターハウス  

≪主な内容≫
●行政の災害時ガイドラインの紹介 
●要配慮者支援活動の概要
●過去の災害支援活動から得られたアドバイス・事例紹介(特に熊本地震での実例)
●要配慮者支援拠点・要配慮者班について
●防災・減災の取り組み事例紹介
●多目的ホールを使用した福祉避難所運営のシミュレーションワークショップ
●シミュレーションワークショップの振り返りグループワーク

≪日時≫
1日目 平成31年2月21日(木) 10:00~17:00(受付9:30)
2日目 平成31年2月22日(金) 10:00~16:10

≪開催場所≫
ビッグ・アイ(国際障害者交流センター)
〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1
TEL 072-290-0962 FAX 072-290-0972

≪対象・定員≫
対象 災害時要配慮者の支援ボランティアリーダー、要配慮者の防災・減災活動を行う意志のある方、福祉避難所指定施設の職員・関係者
定員 80名

ドーマン法の否定的見解をひろめたい

否定されているのを知らない人は、善意だけでボランテイアしますよね。ドーマン法の否定的見解を知らせないでボランテイアを要請する荒川社会福祉協議会がある以上、区民に知らせることが必要です。私がHPに書いただけでは微々たるものですが・・

どんな療法でも要請があればボランテイア募集する、するかしないかは自由だからと言う社会福祉協議会の理屈はそうでしょうが、世間でどのような評価をされているか、知らせないで募集だけするのはいかがなものか、と思います。
ドーマン法にはまってしまった親へのよりそい支援こそ必要ではないでしょうか。 

ドーマン法というのは、50年前に米国・カナダなどで問題になり、米国小児科学会などが否定的見解を共同声明の形で発表して、その後は下火になったようです。日本でも日本小児科学会などが否定的見解を出しています。

*******************************
北米10団体による共同声明 「神経障害をもつ子供へのドーマン-デラカト治療法 」(“The Doman-Delacato treatment of neurologically handicapped children”) (Developmental Medicine and Child Neurology誌、1968年、第10巻、p243-246 ) 

以下の団体による共同声明(1968年3月15日)

米国脳性麻痺学会、米国神経学会 、米国小児科学会、米国理学療法・リハビリテーション学会 、米国リハビリテーション療法協会 、米国整形外科学会 、カナダ学習障害をもつ子供のための協会、カナダ精神遅滞児協会、カナダ障害者のためのリハビリテーション協会、全米精神遅滞児協会

日本語訳:

 人間能力開発研究所とその関連組織は、脳障害やその他障害の治療に自分たちの方法が有効であると、過去十年の間ますます声高に主張してきた(文献1,2)。それに対し、いくつかの団体が警告声明を出してきた(文献3-8)。最近入手可能になった情報により、論争の現状を検討した上で、若干の勧告を行うことが重要であろう。 われわれが懸念する理由は、以下のごとくである。

1. 勧誘方法(文献9,10)が、この治療法を拒否するようでは親としての適性と動機付けに欠けると、両親に思い込ませるようにみえること

2. 処方される方法があまりに過酷かつ硬直的(文献9-11)で、家族内のほかのメンバーの欲求が無視されかねないこと(文献12)

3. 治療が厳格に処方された通りに実行されないと、子供の潜在力が損なわれるとか、100パーセントに満たない努力はまったく役に立たないとか主張されること(文献9,10)

4. 歩くとか、音楽を聴くといった、その年齢の子供には適当で可能な活動を、しばしば制限すること(文献13,14)。そうした制限は、それを支持するような長期的結果のデータや知見がこれまで公表されたことがないにもかかわらず行われている。

5. なんら有効性が知られていない「成長プロファイル」(文献16)に従って、早急で決めつけた診断(文献15)がなされること。「成長プロファイル」が依って立つデータはこれまで公表されたこともなく、われわれの知る限り、一般に認められた手法によってそれを検証しようとする試みがなされた形跡もない。

6. 多くの事例(文献1,2)において、この治療法は、疾病という枠を超えて、健常児を優秀にするとか(文献2,9,17,18)、世界の緊張を緩和するとか(文献2)、「進化プロセスを加速する」かもしれないとか(文献2,19)、根拠のない主張がなされていること。

7. なんの根拠もなく、ドーマンとデラカトは、多くの一般的な子育て法を子供の潜在力を制限するものと非難し、その結果として、そうでなくても苦しみ混乱している両親の悩みをさらに増幅してきたこと(文献12,20)。

***********************************

日本は人権感覚がおかしい

ドーマン法と自分自身が受けた差別についての考察=「哲学する」毎日。私の治療法は「哲学すること」だから。
精神病だからと鬱だからと蚊帳の外におくのが正しいという誤解、信頼できないという言葉を浴びせる差別。ドーマン法の「健常への道」をあおる思想。外国では幼児から電動車いすが保障され、好きなところに行きなさいと教えるそうだ。
訓練を課し歩くことを強要する日本。精神病院措置率が諸外国に比べて異様に高いという日本。共通しているのは差別意識。
女性差別もはなはだしいし、部落差別もなくならないし、外国人に対して排外的だし、、、

人権感覚がおかしい。。。

ドーマン法がはびこる理由は??

ドーマン法がはびこる理由について考える。
1.障がい者差別の厳しい社会だから、障がい児を産んだ親は奈落の底に突き落とされて孤立する。行政の支援が薄い。
2.地域に活き活きと生きている障がい者が少ないから我が子の障がいの重さを何とかしなきゃと自分を追い立てる。
私が15年介助した猪野千代子さんは「歩けるようになると言われて何度も手術したけどダメだった。あるがままで地域で生きていくしかないと思った」と語っていた。障がい者の家族へのカウンセリングと地域で障がい者が当たり前に生きる保障が必要だ。