<双極性障害>を知ってください

 双極性障害とは昔で言う<そううつ病>。躁と鬱を繰り返す、一生治ることのないとされる精神病である。私は双極性障害Ⅱ型と診断されている。障害者手帳をとることを友人から勧められている。
 七人を代表する方から「あなたは信用できない」と言われて、1カ月余。その時は、「どうして?」とも問い返せず、悶々と考えていた。思いきって、「具体的にはどんなこと?」と聞いてみた。
 答えは「信用できないではなく、会議にも出てこないから信頼関係を結べない」だった。
 鬱だから会議には行けない。私は<薬は飲まない、鬱の原因を哲学する>治療法を実践していて、嫌な人とは会わないことを主治医からも勧められている。「いい人はやめること!」が大事なのだ。
 わかった。この方々は双極性障害についての知識がない方々なのだ。私が必死で、ストレスのない生き方を模索していることをご存じないのだ。
 私は躁と鬱の転換点が急激である。FBを見てるとせのさんの躁鬱がわかるといろんな方々から言われる。躁のときは、言いたくてしょうがないのでいっぱい書きこみ、鬱のときは、何もしない。
 躁の時の私しか知らない方は、ご飯を食べたり風呂にはいることもできず、うちの中でごろごろと時間をただ過ごしている私を想像できないのだと思う。今まで議会だけは出席しなければと思い、無理やり体を動かしてきたが、どうしようもない時もあり、2回欠席した。ひどい鬱も4回目、4カ月続くと、体力、筋力が衰え、あとが大変だった。

 介護うつになるまでの人生では鬱の傾向が全くなかった私なので、人間の精神とはなんと複雑なことかと驚いた。

 どうか、双極性障害を理解してください。見た目は全く普通の人間です。
 躁のときはとんでもないことをしでかします。今までカードで買い物などしなかった私が、ある日、百貨店でバッグや洋服をカードで30万円買いこみました。後日、すべて、人にあげてしまいました。鬱のときは、家でごろごろしていて、お給料をもらっている議会に行くのも、近所の老人ホームに頼まれて演奏に行くのも必死の決意ででかけているのです。

 精神病者のことを知ってください。あなたの隣の人がそうかもしれない。上から目線で他人を見ていることを敏感に感じます。ふつうの言葉が、私にとっては、心をえぐられる言葉になることがあります。そんな勝手な人間とは付き合えないと言われて当然だと思います。でも、あの恐ろしい鬱の時期を2度と体験しないように「ストレスを減らす、いい人をやめる、自分の嫌なことには触れない」という人生の選択しか、私には生きる道はないのです。許して下さい。

 ですから、私は議員をやめます。やっと無所属市民派女性議員の跡を継ぎたいと言ってくれる人ができて、私は元気になりました。無理をして鬱になったら、決意してくれた 銭 紀子さんに申し訳ないことになります。これまでの20年間、議員として頑張ってきたつもりです。これからは無理をしない人生を選ばして下さい。いつまた、あの恐ろしい鬱の時期に陥るかわからないのです。お願い致します。

 これからは今までの活動の蓄積を<荒川こども応援団>に託し、その代表として、楽しく、温かい地域づくりをめざしていきたいと思います。

瀬野喜代

あなたは信用できないといわれたけれど・・・

 もう1カ月以上前になるが、「あなたは信用できない」と7人の人達を代表する人から言われた言葉が心につき刺さっている。
 双極性障害は社会的信用をなくすと言われる病気だと知っているが、はっきり言われるとつらい。
 具体的に何が悪かったのかは、思い付かない。
 私、そんなに悪いことしましたか?
 
 私の治療方法は、薬ではなく、ストレスの原因を突き詰めて考えること。
 ちょっと怖いけど、聞いてみるしかないな・・・

誹謗中傷はやめてほしい・・来年の選挙をめぐって

 街角にポスターが目立つようになった。来年4月21日が投票日となった区議会議員選挙に向けて、誹謗中傷が始まっている。
 なんと、私が代表を務める<荒川こども応援団>の事務局長のせんのりこさんが幸福の科学だという話を3人から聞いたという人がいたのである。びっくり仰天!!
 せんのりこさんの長女は先天性の障害をもって生まれた。今まで障がい者に接していなかったであろうせんさんは当然混乱した。混乱の中で、「ママのおなかをえらんできたよ」等、多くの著書のある産婦人科医と出会い、胎内記憶のスピリチュアルな世界を求めた。療育の様子を含め、2010年「希空のそら」と題した漫画を出版した。
 障がい児を産んだ親が宗教に心の癒しを求めた事例をいくつか知っている私は、我が子の障がいを受け入れていく過程だと理解し、障がいをもつ我が子の療育に熱心で、二日小1年と来年幼稚園入園の3人のこどもを育てるせんのりこさんの大変さを目の当たりにして、考えさせられていた。さらにせんのりこさんは、不登校のこどものフリースペースを友人と松戸でつくり、モンテソーリ幼稚園で働き、米粉マイスターの資格をとってイタリアンのお店でも働いてきた。
 東日暮里から町屋に引っ越したせんさんだったが、王子特別支援学校に通う娘と地域のつながりがないのを憂いて、私が呼び掛けた<みんなのおうち三河島>の住民として東日暮里に戻ってきた。今、日曜おやつカフェで、こども達と素敵なおやつをつくっている。

 せんさんが8年前に関わった出版社が幸福の科学とつながっているという。だからせんのりこさんは、幸福の科学だと言うのだ???
 なんと心ない言葉だろう・・・8年前のせんさんが、幸福の科学と知っていて漫画を出版したわけではないし、今も、幸福の科学とは全く関係がない。誹謗中傷以外の何物でもない。まだまだ差別的な社会に生きている障碍者とその家族の苦しみに寄り添い、支援する気持ちに欠けているのではないだろうか。
 さらに、選挙に立候補する予定の人も言っているというのだから、いやはや・・・。

 だから、政治の世界は嫌われる。いじめだの誹謗中傷だの、関わると自分が傷つく。私みたいに病気になる人もいる。

 でも、政治の世界に関わって、社会を変えていくしかないと思う。
 障碍者とその家族に寄り添い、人権が守られる社会をめざして。

■今どき男だけをうたう市民の歌でいいの?

自治体は男女平等をめざすもののはずが、いろいろなところで、女性が後回しにわれている。
八王子市も高岡市も市民の歌は男だけをうたっているらしい。困ったものだとほっておかず、主張するしかないのだ。

三井マリ子さんのHP
https://frihet.exblog.jp/29884866/ 

区民の意見表明を拒否する荒川区議会なんて・・

あまりにも前近代的・・・・
住民の議会への参加を認めない地方議会、わが荒川区議会は、いつまで、こうなのだろう。
議会運営委員長が「区は区民に説明会を行う必要はない。議員が区民の意見を聞いているのだから」と言う議会。
あきれかえってしまう。
2013年議会基本条例を議決した荒川区議会。その時に、全国レベルで課題とされていた1、情報公開 2、住民の議会への参加 3、議員同士の討論について提案しても話しにもならなかった。前近代的意識は相変わらず、、、
区民がそれでもいいと言っているからですよ、皆さん!